Youtubeでスマホが通信制限にひっかからない方法

MENU

CLOSE

Youtubeでスマホが通信制限にひっかからない方法

通信制限に引っかからないためには

iPhoneやiPadなどを使うユーザーは多いと思いますが、YouTubeなどの動画サービスサイトを見ていて、通信制限に陥ってしまったということはありませんか?

通信制限になると、動画の閲覧だけでなく、ネット自体がほとんど出来なくなりますから、なるべくならば、回避したいですよね。
そこで、今回は、通信制限をどのように回避するか?その方法についてご紹介したいと思います。

YouTubeはどれだけのデータ通信量がかかるのか?

一般的に、YouTubeで動画を観る場合、どのくらいの通信量がかかるのでしょうか?
まずはそちらを把握し、通信制限に陥らないための対策にしたいものです。
データ通信量は解像度によります。

解像度というのは、どれだけ動画をキレイに見られるかという度合いであり、早い話、画質のことを言います。
画質によって、データ通信量が変わってくるので、通信制限にひっかからないためには、なるべく高画質の動画を避けた方が無難です。

バランスをみて、動画の解像度を選ぶようにしましょう。

1時間視聴した場合の、解像度別のデータ通信量を紹介しましょう。

  • 144p→約120MB
  • 240p→約180MB
  • 360p→約240MB
  • 480p→約420MB
  • 720p→約720MB
  • 1,080p→約1,260MB(1.26GB)

例えば、1,080pの高画質動画を1時間観ると、1.26GBのデータ量を消費します。
つまり、4時間見るだけで、5GBに達してしまうのです。
スマホの場合、データ量通信の上限が5GBに制限されていることが多いので、1,080pの動画を4時間見るだけで、通信制限に引っかかってしまいます。

通信制限に引っかからない方法

通信制限に引っかからない方法には、どのようなものがあるのでしょうか?
主に4つの方法があります。

  • Wi-Fi視聴
  • Wi-Fi時のみHD再生に設定する
  • アプリを使う
  • WiMAXなどのモバイルルーターを使う

これら4つの方法を使い、通信容量を節約し、通信制限の対策を行いましょう。
1つ1つ見ていきます。

Wi-Fiで視聴する

データ量を節約する基本中の基本。
それは、モバイル通信を行わず、Wi-Fiでネットを行うということです。
Wi-Fiは通信パケットが発生しないので、どれだけ使っても、データ量の容量が上限に達することはありえません。

基本的なことなので、そんなことわかっているよ!という人も多いと思われます。しかしまずは基本策として、通信規制に引っかかりやすい方は、Wi-Fiの特性を生かし、動画の閲覧を行いましょう。

「Wi-Fiの時のみHD再生」に設定する

Wi-Fiで動画を観るのは基本ですが、うっかりモバイルデータ通信で動画を見てしまう場合もあるでしょう。
低画質の動画なら、あまり気にすることはないかもしれませんが、HDの動画を観ていた場合は、通信制限にひっかかる原因になってしまいます。

このようなミスをなくすために、スマホやタブレットなどで、「Wi-Fi時のみHD再生」をする設定にしておけば、うっかりモバイルデータ通信で動画を観てしまうミスを防ぐことが出来ます。

YouTube等動画データ量アプリを使う

効果的なアプリを使えば、YouTubeの動画を観る際の通信量を50%カットすることも可能です。
この項目では、通信制限に効く、有効的なアプリやサービスを紹介します。

  • Opera Max(オペラマックス)
  • Google Chrome

この2つのアプリの利用が通信量を抑えるためには効果的です。

オペラマックスは設定をONにしておくだけで、モバイルデータ通信量を節約できます。
どういうことをしてくれるかと言うと、YouTubeで動画を観る際、その動画のデータを圧縮してくれるのです。
これにより、通常より少ないデータ量で動画を観ることが出来るようになります。

それだけでなく、知らないうちにアプリが実行している、バッググラウンドの通信や接続をブロックすることも可能です。
オペラマックスを使い、通信環境を変え、効率的に通信量を節約しましょう。

次にGoogle Chromeです。
Google Chromeは設定画面からデータ通信量を節約する設定が可能です。
設定画面の項目で、「データ使用量を節約」をONにするだけでOK。

これだけで、動画の閲覧の際の通信量を50%ほど節約することが出来ます。
android端末だけでなく、iPhoneでも設定・対応ができるのでお勧めです。

WiMAX2プラスを使う

高速通信で有名なWiMAX2プラスに契約する方法もあります。
WiMAX2プラスには「ギガ放題」というプランがあり、これは事実上、データ通信量が無制限(使い放題)であるため、月間〇〇GBまでという規制がありません。

厳密には、3日で10GB以上使うと規制が入るのですが、3日間ぶっ通しで高画質の動画を見るといった例外的な使い方さえしなければ、まず10GBを使うことはありません。
また仮に通信制限にかかっても、実効速度は1Mbps程度でるので、HD動画は難しいですが、標準画質である480p程度の動画再生なら、問題なく視聴ができます。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧