Speed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ WX03人気の秘密

MENU

CLOSE

Speed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ WX03人気の秘密

NECから発売されたWiMAXの最新ルーターWX03、正式名称『Speed Wi-Fi NEXT WiMAX2+ WX03』が発売されるや、ファーウェイのW03に迫る勢いで人気をものにしています。
WiMAX機種最速の通信速度が一番の理由ですが、もう一つ画期的な理由があります。
今回、その人気の秘密に迫ってみました。

WX03、その圧倒的な速さ

光回線に迫るスピード

WX03は下り最大440Mbps。それまでのWiMAX機種最高が、W03の370Mbpsですから、相当速いことが分かるでしょう。光回線の1Gbpsの半分近くまで迫っています。
またWiMAXのネックだった、上りの遅さ(W03でも最大10Mbps)を改善、上り最大30Mbps出るようになっています。

高速通信を支える技術

4×4MIMO

4×4MIMO(フォーバイフォーマイモ)は主に、NECのWXシリーズに使われている技術です。
データを送信する基地局と、受信するルーターにそれぞれ4本ずつアンテナを搭載、通信時に複数のデータを同時に送受信し、スピードアップを図る技術です。
この技術により、基本下り最大110MbpsのWiMAX2プラスで、初めて2倍の220Mbpsを可能にしました。
4×4MIMOの強みとして、電波を様々な角度から反射させて通信するので、障害物が多い都市部でも、快適に通信できる点があります。

キャリアアグリゲーション

キャリアアグリゲーションは、「電波を集約する」という意味で、主にファーウェイのWシリーズやLTEに使われています。
異なる周波数の電波を束ねて、速度を倍にアップさせる技術で、一つの電波の通信状況が悪くても、ほかの電波で通信できるため、安定感があるのが強みです。

WX03は、上記2つの通信技術を組み合わせることで、速さと安定感を得、障害物に弱いというWiMAXの短所も克服しています。

WX03、その他の特徴

バランスモード

バランスモードは省電力モードの一種で、電池の残量に合わせ通信速度を調節します。
電池残量が十分にあるときは220Mbpsで通信しますが、一定値以下に減った状態で一定時間以上通信していた場合、110Mbpsに速度を落とすことで、連続動作時間を長く伸ばします。

大容量バッテリー

バッテリー容量は2,890mAh。最も容量を食うハイパフォーマンスモードでも、440分(約7時間)は持ちます。

切り忘れ防止タイマー

起動させてから、60分を経過すると自動的に、休止する機能です。
ルーターの電源を切り忘れて「あ、まずい!」という心配もなくなりますね。

スマホでバッテリーの残り容量をお知らせ

スマホに専用のアプリを入れることで、WX03の電池が少なくなると「残量○%以下になりました」というお知らせが出ます。ルーターを見なくても残量が分かるのは、ありがたいですね。

拡張アンテナ搭載のクレードル

WX03のクレードルは、ただの充電機器ではありません。
両脇に直交偏波アンテナという拡張アンテナがついていて、WX03をクレードルに装着すると、このアンテナも電波を受信してくれます。
WiMAXユーザー最大の悩みどころは家の中での電波状況ですが、それをカバーしてくれるわけです。

実はかなり広いエリア

440Mbpsのエリアは「東名阪を中心に順次全国展開」、とありますが、実はかなり急ピッチで広まっており、現在北海道から沖縄まで都市部はほぼカバーされています。

本当の人気の秘密

WiMAX2+単独で440Mbps

通信制限の心配なし

例えばW03は、ハイスピードプラスエリアモードで370Mbps出ますが、このモードはWiMAX2プラスとau 4G LTEの回線を束ねることで実現したものです。
ただこのモード、LTE回線を使っているためギガ放題プランでも月間7GBの通信制限がかかり、それを超えると速度が128Kbpsまで落ちてしまいます。WiMAX2+の売りは、速度制限を受けても実効速度6Mbpsは出ることなのですが…。
WX03はWiMAX回線のみなので、W03のようになる心配はありません。

オプション代不要

通常、ハイスピードプラスエリアモードを使用するには、月額料金に1,005円を上乗せしてau 4G LTEと契約する必要があります。
もちろん、WX03は通常料金の月額3,411円だけでW03より速い回線を使えます。

WX03を使う上でここは注意

選べるのはハイパフォーマンスモードだけ

WX03では、WiMAX2+回線しか使えません。それまでのWiMAX回線が使えないので、エリアによっては使えない人もいるのではないでしょうか。
ただ幸い、初期契約解除制度があります。理由のいかんを問わず、7日以内に返品すれば契約解除可能です。

バッテリー駆動時間が長いとは言えない

WX03だけに限ったことではありませんが、バッテリーの連続使用時間は、ハイパフォーマンスモードで約7時間。ちょっと短いですね。スマホのように電源入れっぱなしではなく、使わないときは電源オフが基本です。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧