wimax2プラスとauの相性はなぜいい?速度制限・エリア・プランまとめ

MENU

CLOSE

wimax2プラスとauの相性はなぜいい?速度制限・エリア・プランまとめ

wimaxとauが同じグループの会社だって知っていましたか?

ddd17ea3f5ec98bffe6946c08d44010c_s

UQコミュニケーションズはKDDIの関連会社です

wimaxの公式サイトを見てみると、なぜかauユーザーが優遇されているように見えます。これはWiMAXの提供元であるUQコミュニケーションズがauと同じKDDIの関連会社だからです。つまり、auとWiMAXはお互いに協力関係にあるわけです。そのため、WiMAX2プラスはauショップでも契約することができますし、この後で説明するLTEもauと同じ4GLTEをオプションとして使えます。

余談ですがUQモバイルが提供している格安SIMもauの回線を使っています。auの回線を使っているMVNOはわずかに数社しかないのでauユーザーにとっては貴重な選択肢となります。

auスマホと一緒に登録すれば980円の割引、しかもお互い2年契約です。

WiMAX2プラスとauスマホの相性が良いのも関連会社なら当たり前です。まず、auスマホを契約している人は月々の使用量を980円割引されます。これは特別プランというのではなく基本料金からそのまま値引きされる形です。しかも、WIMAX2プラスとauスマホはどちらの二年契約です。つまり、auスマホに乗り換えるのと同じ月にWiMAXと契約することで同時に契約満期になります。解約料の対策が面倒なネット関係をまとめられるのはうれしいですね。

auスマホと登録すると4GLTEがタダで使える。wimaxの使えないエリアもこれで安心

WiMAX2プラスの難点と言えば電波が壁に遮断されてしまうこと。せっかく都市部にいると言うのに、カフェや公共施設の中では通信が途絶えてしまったという例は珍しくありません。また、出先や旅行先が偶然WiMAX2プラスの使えるエリア外だったという場合もあるでしょう。そんな事態を解決してくれるのが4GLTEのオプションです。WiMAXルーターの内W03という機種にはWiMAXの周波数とauの4GLTEを自由に切り替えられるサービスが付いています。

通常は1005円/月で7GBの4GLTEの通信が可能です。ところがauのスマートバリューmineを契約している人はこのオプションを永年無料で使うことができます。2016年の11月1日よりこのサービスが適用されるので今使っているユーザーにとってもお得です。WiMAXと4GLTEを合わせればauスマホと同じエリアをカバーすることができます。ただし、4GLTEはauユーザーでも1か月で7GBつかうと速度が遅くなります。

auスマホを持っていなくてもWimaxは便利に使える

c312f41266e8cfecd65eff935db60948_s

ギガ放題なら外でも家でもデータ通信が無制限

もちろん、auユーザーでなくてもWiMAXはお勧めです。現在のWiMAX2プラスはデータ容量が7GB/月のプランとデータ容量が無制限のギガ放題プランがあります。それぞれの料金はツープラスフラットで3600円程度、ギガ放題プランなら4300円程度になります。価格を見る限りは他のモバイルルーターと同じくらいの値段ですし、通信速度もかつてのWiMAXに比べるとかなり速くなっています。

光回線を開通させるときの工事費を節約したい人や、家だけでなく外でもネットを使う人にとっては、据え置きのネット回線以上にお勧めです。

複数の場所で使う時でもピンポイントエリア判定で安心

ただし、前述のとおりWiMAXはコンクリートの壁に弱いほかWiMAX2プラスを拡張する段階にあるのでわずかにサービスエリア外の場所が発生します。そこで、Wimaxを契約する前にサービスエリアマップやピンポイントエリア判定で使用する場所の通信環境を調べます。

ピンポイントエリア判定なら住所で検索できるので便利です。また、万が一に対応するなら15日間の無料貸し出しサービスを利用すると契約したけどつながらないと言う悲劇を避けられますよ。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧