WiMAX2プラスは地下鉄・電車・新幹線・飛行機・高速道路で使えるか!?

MENU

CLOSE

WiMAX2プラスは地下鉄・電車・新幹線・飛行機・高速道路で使えるか!?

WiMAX2プラスは本当にどこでも使えるのか?

WiMAX2プラスは高速通信が売りで、多くのユーザーの支持を得ています。
電波が届く対応エリア内であれば、どこでも使えるのが便利なポイントですね。
とはいっても、WiMAX2プラスは本当にどこでも使えるわけではないのです。

実は苦手な場所があります。
今回は交通機関を中心にどのくらいの範囲で利用できるのかについて見ていきたいと思います。

地下鉄での利用について

移動中に使うことの多い地下鉄ですが、WiMAXなどのサービスはどのようになっているのでしょうか?
通勤通学に利用する機会が多いですから、快適にインターネットを使いたいですよね。

地下鉄駅

都市部を中心に地下鉄が走っていますが、WiMAXは地下鉄内でも利用が可能なのでしょうか?
日本にあるほとんどの地下鉄、全線で、WiMAX2プラスは使用が可能になっています。
以下の地下鉄駅ではWiMAX2+を使用することが出来ます。
「札幌市営地下鉄」「仙台市地下鉄」「都営地下鉄」「横浜市営地下鉄」「横浜高速鉄道」「名古屋市営地下鉄」「大阪市営地下鉄」「京都市営地下鉄」「神戸市営地下鉄」「福岡市営地下鉄」

都心の足である「東京メトロ」では、WiMAX2+はまだ全ての駅で使えるわけではありません。
WiMAX2+が使えない場所では、WiMAX回線を使用しましょう。
WiMAXには、「WiMAX回線」と上位回線である「WiMAX2+回線」の2つの回線がありますが、WiMAX2+は現在エリア拡大中でつながらない場所もある一方、WiMAXならほぼ全域で使うことができるからです。

走行中の地下鉄車内

地下鉄駅構内には基地局からの無線の電波が飛んでいますが、走行中の車内の場合、基本的には使えないと思った方が良いでしょう。
利用可能エリアは広がっており、一部区間では走行中も使えますが、どうしても地下鉄で作業をする必要がある場合は、停車中に行うか、一旦電車を降りた方がベターです。

電車での利用について

地上を走る電車でのWiMAX2+の電波状況はどのようになっているのでしょうか?
結論を言うと、通常の電車内であれば、停車中であっても、走行中であっても、WiMAX2+を使うことができます。
地上を走っている電車であれば、通信速度も十分であり、問題なく使えるのです。
(エリア外はこの限りではありません)

但し、例外があります。
それは、トンネル内や、地下に潜る場合です。
このような場所では例外的に、WiMAX2+が使えなくなる場合もあるので、注意が必要になります。

新幹線での利用について

出張や旅行の際に使うことが多い新幹線での利用はどのようなものでしょうか?

新幹線駅

新幹線の駅での利用は、全国全駅でWiMAXが使えるように整備されています。
よって駅構内でのWiMAX2+の利用は問題なく可能です。

走行中の新幹線車内

問題となるのは、走行中の新幹線車内での利用です。
移動中の新幹線車内では、通信が不安定になるため、使えない区間が多くなっています。
特にトンネル内や山間部では、ほとんど使えないと思った方が良いでしょう。

しかし、関東や関西の都市部を中心に使えるエリアは広がっています。
例えば、東海道新幹線では、東京~新横浜の区間。京都~大阪の区間では使うことが出来るようになっています。

飛行機での利用について

飛行機の利用はどのようになっているのでしょうか?
国内旅行だけでなく、海外旅行の際にも利用が多くなる飛行機ですから、快適に使用したいものです。

飛行機搭乗中

WiMAXやポケットWi-Fiのような通信用の電波を発信する電子機器は、出発から着陸までの期間使うことが許されていません。
よって、飛行機の搭乗中は、モバイルルーターを使うことができません。
WiMAX2+の利用は着陸後、空港で行うようにしましょう。

空港

日本国内の主要な空港でWiMAX2+を使うことができます。

「新千歳空港」「函館空港」「東京国際空港(羽田空港)」「成田国際空港」「新潟空港」「小松空港」「中部国際空港」「大阪国際空港(伊丹空港)」「関西国際空港」「神戸空港」「広島空港」「高松空港」「松山空港」「徳島阿波おどり空港」「高地龍馬空港」「福岡空港」「長崎空港」「大分空港」「熊本空港」「宮崎空港」「鹿児島空港」「那覇空港」

これらの空港ではきちんとWiMAX2+が使えるので、安心して使用しましょう。

高速道路での利用について

高速で移動する高速道路での利用はどのようなものになっているのでしょうか?
基本的には、走行中であっても、WiMAX2+は問題なく使えます。
例えば、80km/h以上であってもきちんと使えるので、車内でも快適な作業が出来ます。
(エリア外はこの限りではありません)

しかし、例外はあります。
それはトンネル内です。トンネル内は電波の受信が不安定になり、使えないので、注意しましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧