ヤ倍速やギガ放題などWiMAXのプラン・サービスを解説!

MENU

CLOSE

ヤ倍速やギガ放題などWiMAXのプラン・サービスを解説!

ヤ倍速はどんなサービス?

da38300d814fe85b5d7a098f56d03720_s

WiMAXではヤ倍速と言うサービスを提供しています。旧WiMAXの通信速度では下り最大13.3Mbpsのためそれ程高速では無いです。新WiMAX2プラスでは下り最大110Mbpsへと大幅にアップしました。ヤ倍速ではさらに2倍の下り最大220Mbpsと言う超高速通信となっています。なぜこれ程の高速化ができるのかその理由は4×4MIMOやキャリアアグリゲーションと言った新しい技術が盛り込まれているからです。

4×4MIMOで高速化

WiMAX基地局とルーターと通信するには双方にアンテナが必要です。4×4MIMOと言う技術では双方に4本のアンテナを付ける事で下り最大220Mbpsの超高速通信となっています。アンテナ数が2本ずつより4本ずつのほうが通信量が増えるため高速化ができるのです。さらにアンテナ数を多くした事で障害物にも強くなりました。ビルやマンションなど障害物の多い都市部にも最適な技術です。

キャリアアグリゲーションで高速化

キャリアには電波と言う意味が、アグリゲーションには集約すると言う意味があります。アンテナ数を4本に増やした4×4MIMOと違い、キャリアアグリゲーションでは2つの電波を集約していると言う違いがあります。

WiMAX2プラスの下り最大110Mbpsを2つ集約して下り最大220Mbpsと言う超高速通信を実現させています。片方の電波が繋がり難くなっても、もう片方の電波が繋がれば通信が可能です。そのため安定した通信ができると言うメリットがあります。

ギガ放題はどんなプラン?

4fdba2fbe5ab21c5fd60694edf53c05f_s

WiMAXでは通常プランとギガ放題プランと2つのプランを用意しています。一番大きな違いは速度制限のある無しです。通常プランでは月7GB以上のデータ容量で速度制限がかかります。下り最大220Mbpsから送受信最大128kbpsへと大幅に通信速度が落ちてしまいます。月末まで速度制限がかかり、翌月1日に解除されます。速度制限がある代わりにギガ放題プランより料金が安いと言うメリットがあります。

ギガ放題プランでは月7GB以上通信しても速度制限がかからず、下り最大220Mbpsのまま通信できると言うメリットがあります。その代わりに通常プランより料金が高めとなっています。月7GB以上通信しない人は通常プラン、それ以上通信する人はギガ放題プランを選ぶと良いでしょう。

料金プランの変更ができるため契約した後でも大丈夫です。ギガ放題プランでも3日3GB以上通信すると速度制限がかかるために注意して下さい。しかし高画質な動画でない限り問題なく通信できるくらいの速度制限です。

標準モードのハイスピードモード

WiMAX2+のルーターにはノーリミットモード、ハイスピードモード、ハイスピードプラスエリアモードと3つのモードがあります。

ノーリミットモードは速度制限無しでWiMAX下り最大13.3Mbpsの通信が楽しめるモード、ハイスピードモードはWiMAX2+下り最大220Mbpsの通信が楽しめるモード、ハイスピードプラスエリアモードはWiMAX2+とau 4G LTEの通信が楽しめるモードとなっています。ギガ放題プランに加入しておくとハイスピードモード時の速度制限がかからないです。3つのモードの中では一番使いやすいモードとなっています。

公衆無線LANサービス

WiMAX2+ではいろいろなオプションがあります。その中に公衆無線LANサービスと言うオプションがあります。このサービスには全国いろいろなWi-Fiスポットにて速度制限無しで通信できると言うメリットがあります。飲食店やホテル、公共交通機関など外出先で使う際、データ容量の節約ができます。WiMAX事業者ではこの公衆無線LANサービスが無料となっています。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧