大手キャリアと格安MVNO+WiMAX2プラスどちらがお得?

MENU

CLOSE

大手キャリアと格安MVNO+WiMAX2プラスどちらがお得?

高騰する携帯電話料金時代に新たな道が!

987ec5ade207ab3835519143f6a8603a_s

スマートフォンが高機能となり、人気端末は販売直後に7万円から10万円近い端末代になる事もありますが更にイヤホンやスマートフォンのカバー等の付属品もセットで購入した場合月々の支払料金を分割で支払ったとしても、料金はかなり高額になります。

「通信速度は速い方が良いけれど、料金も出来る限り安く抑えたい…」

といった声があがるのも、必然かもしれません。

そこでユーザーから目を付けられたのが大手キャリアから回線や施設を間借りする事で格安で通信サービスを提供するMVNO業者です。MVNOには通信容量の制限がある事も珍しくないので、その弱点を補うように月間通信容量制限の無いWiMAX2+との契約を考慮しているユーザーもいます。今回は大手キャリアとMVNO+WiMAX2+との料金を比較、検証してみました。

大手キャリアの目安は月々1〜2万円程度が目安

現在、日本で携帯電話を提供している大手三社、au、docomo、ソフトバンクですが標準の料金プランや接続料金などを計算しても、月々7000円から1万円程度となっておりそこまで突出する事がなく、どんぐりの背比べ状態となっていおります。更に月々の端末代金が6万円前後の機種を24回払いで払ったとしても月額約3000円程度です。

これ以外にも加入時のキャンペーンや、月々の割引額を考慮するとおおよそ月額利用料金は1万円〜2万円以内で収まる傾向が強めです。

MVNO+WiMAX2プラスは月々5000円以内に収められる

まずデータ端末となるWiMAX2+ですが月々の料金プランをUQ Flatツープラスギガ放題にすると月額4380円になります。続いてMVNOはデータのみ、音声+データ両方使えるどちらかのSIMカードを契約する必要があります。当然、音声も使えるSIMカードの方がお値段は高くなりますがデータ通信はWiMAX2+で補う為最も低い、あるいは月々1GBのような少量プランでも問題ない為、月々1000円以内の料金で契約することも可能です。

その為、MVNOとWiMAX2+を組み合わせたセットは5000円程度に収まる事もあり大手キャリアと比較しても安く持てます。更にとことん料金を突き詰めたい人は、データのSIMのみ契約してWiMAX2+のエリア内でSkypeやLINEなどのアプリの通話で音声通話を済ませようという猛者もいます。

その為、月々の利用料金を抑えたいのであれば大手キャリアよりもMVNO+WiMAX2+の方が安価で使用できると言えます。ではすぐに乗り換えるべきかと言われるとそうではありません。MVNOで利用する場合は次の端末と通話に関して考慮しておく必要があります。

安く利用したいなら最新機種は諦めたほうが良い

fe4ce1df9e444876113bcc2dbaff312c_s

MVNOではSIMカードを手持ちのスマートフォンに差し込む必要があります。SIMカードを差し込めて、MVNOに対応している端末を既に持っているのであればその点は特に問題ありません。

しかし端末を持っていないのであれば、中古端末をどこかで手に入れる必要がありますが最新人気機種だと端末のお値段は新品に匹敵する程高く大手キャリアで購入した方が、通信の安定性やキャンペーン、アフターケアの充実など長期利用の観点からお得な事もありますし、そもそも最新機種は入手すら困難ですので安く利用したい場合は、必然的に型落ちの機種にならざるをえません。

端末の新古を気にしない方には問題ありませんが、毎日使うスマートフォンは人前に出すこともある以上、型落ち機種は嫌という人もいます。またMVNOの通話に関しては、大手キャリアの施設を間借りしている以上少々受信電波が弱く、また割引を行っていない業者も少なくありません。

結論からするとMVNO+WiMAX2+の契約は、大手キャリアと比べて確かに安く利用できると言えます。しかし端末が型落ちであること、通話料金を加味すると値段はどんどん膨れていきます。MVNOとWiMAX2+の組み合わせは、通信エリアの問題が無くある程度の速度のデータ通信だけ出来れば、後は何とかできる上級者向けと言えるでしょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧