WiMAX2プラスの解約はここに注意

MENU

CLOSE

WiMAX2プラスの解約はここに注意

今回は、WiMAX2プラスの解約についてお話しします。
特にWiMAX2プラスを解約する場合、いくつか知っておくべきポイント・注意点があります。解約で失敗しないためにぜひ押さえておきましょう。

WiMAX2プラスの解約には解約金がかかる

WiMAX2プラスに関わる契約解除料(解約金・違約金)について具体的に説明していきます。

通常の解約金

WiMAX端末を含むモバイルWi-Fiルーターは、契約更新月以外の月に解約すると解約金が発生します。
解約金の金額は、解約のタイミングによって異なります。契約期間によって解約金は以下のようになります。

解約時期 解約金金額
1ヶ月目~12ヶ月目 19,000円
13ヶ月目~24ヶ月目 14,000円
25ヶ月目以降 9,500円

キャンペーン解約金(キャンペーン違約金)

また、キャッシュバックキャンペーン等に加入・利用している場合、通常の解約金以外にも、キャンペーン解約金、または、キャンペーン違約金等の料金が別途、発生します。
つまり、通常の解約金に上乗せして、解約金が発生するということです。それぞれのプロバイダーによってキャンペーン解約金の金額は異なりますので、下記を参考にしてください。

プロバイダー名 キャンペーン違約金
GMOとくとくBB 24,800円
BIGLOBE 15,000円
So-NET 15,000円
Nifty 9,000円
Broad WiMAX 9,500円

解約金がいらないケース

また、一部例外ですが、解約金がいらないというケースもあります。具体的に見ていきます。

初期契約解除制度

Broad WiMAXの場合、契約を結んでから、7日以内に端末を返品すれば、解約金等一切なしに解約できる制度があります。これを「初期契約解除制度」と言います。
この制度がある為、「自宅で電波が入るか不安だ。」と思っても数日間試すことができるので、安心して契約をすることができます。

ご満足保証

また、BroadWiMAXには「ご満足保証」という独自のサービスもあります。このサービスは実際にWiMAXを使ってみて、速度が遅い等、満足のいく結果を得られなかった場合に、フレッツ光や、ポケットWi-Fiに解約金なく変更できる制度です。先に述べた「初期契約解除制度」と相まって、
WiMAXを安心して使える制度ですよね。

WiMAX2プラスの解約方法

では、実際にWiMAX2プラスを解約する手続きはどうしたらいいのでしょうか。具体的にお話しします。

まず更新月をおさえておこう

まず、大事なのは更新月です。これは確実に抑えておく必要があります。先ほどもお話ししたとおり、解約月以外での解約は解約金がかかってしまうので、キチッと押さえておく必要があります。
主要なプロバイダーの更新月は下記のとおりです。

プロバイダー名 更新月
GMOとくとくBB 25か月目
BIGLOBE 24か月目
So-NET 25か月目
Nifty 25か月目
Broad WiMAX 25か月目

なお、Broad WiMAXは更新月を登録してあるメールアドレス宛に通知してくれます。登録情報のメールアドレスは通常使うアドレスにしておくことをおすすめ致します。

解約方法

解約方法は主に電話かネットで行います。こちらもそれぞれのプロバイダーによって方法が異なりますので、下記を参考にしてください。

プロバイダー名 解約方法
GMOとくとくBB Web(BB Navi)
BIGLOBE 会員サポートページか電話
So-NET マイページ
Nifty 会員サポートページ
Broad WiMAX 電話

まとめ

解約を行う際は、まず、更新月をきちんと把握しておくことが何よりも重要です。解約金を支払わずに済むようにしましょう。
また、メールで更新月の通知がくるプロバイダーですと、更新月を忘れずに済むので安心です。
会員ページでの解約は、ID・パスワードを覚えておく必要があります。覚えておくと、後々電話する際もスムーズですし、強引に引き止められたりもしません。
以前は、お客様サポート・サポートセンターに電話が繋がりにくかったですが、現在は解消され、スムーズに繋がるようになっています。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧